グリップ交換の必要性 regrip

グリップは定期的に交換した方がよい。って知っていますか?

最近スコアが伸び悩んでいるなあ・・・なんだかヘッドの走り方が変わってきた・・・雨の日ってどうもスコアが落ちる気がする・・・

など、お悩みのゴルファーの皆さまも多いのではないでしょうか?
そんな時に、すぐに新しいクラブに買い替えるという方も多いでしょう。もちろん、クラブを変えれば調子がよくなるかもしれません。
でも、本当に手持ちのクラブにスペック通りの仕事をしてもらっていますか?

ゴルフのグリップは、車のタイヤと同じ消耗品です。
車は、タイヤは交換することで性能を維持したり、“用途”に合わせて性能を向上させます。
ゴルフのグリップも同じように、交換することで、プレーヤーの皆さまの使用クラブの性能を維持し、さらに向上させることが可能なのです。

グリップを変えてみませんか?

なぜグリップを交換する必要があるのですか?

グリップはゴルフで最も重要な要素の一つであり、ボールを打つ上で実際触れる唯一の部分でもあります。 グリップは、時間や使用に従い劣化したり、磨耗する素材でできています。 汚れ、手からの脂はグリップを劣化させます。 新しいグリップの摩擦力は、スイングの最中にクラブが滑ってしまうのではないかという潜在的恐怖感をなくし、クラブを軽く握る事ができます。

どのくらいの頻度でグリップを交換するべきですか?

一年に一度、または40ラウンドを目安に交換して頂くのをお薦めしています。ハイシーズン前の3月・8月にグリップをチェック、交換して頂くと良いかもしれません。

※参考(トーナメントプロの交換タイミング)
女子プロ:約1.5ヶ月
男子プロ:約2ヶ月(最短はシーズン中、2週間で交換)

どのようにグリップを交換すればよいですか?

お店で交換してもらうか、ご自身で交換するかです。
ゴルフプライドのグリップは、ゴルフ用品を扱っているお店であればたいてい取扱がございます。
お近くのゴルフ用品店にお問い合わせください。

【お店で交換する場合】

グリップを販売している店舗で交換が可能です。

※店舗によっては、専門スタッフがいない場合がございます。その場合は通常よりお預かりの期間が長くなりますのでご注意ください。
※定期的にグリップ交換会などを開催している店舗もございます。

詳しくはお近くのゴルフ用品取扱店舗にお問い合わせください。

【ご自身で交換する場合】

グリップを購入後、下記手順(ムービー)を参考に交換してください。

交換動画